書評・本の紹介

「お金に愛される 真・投資術」投資だけじゃない、生き方について考えるきっかけになる本

更新日:

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

さやかです。

 

今回は、最近読んだ本をご紹介したいと思います。

 

「お金に愛される 真・投資術」

先日発売されたばかりの、与沢翼さんの本です。

 

個人的にはファンなので、インスタグラムやツイッター、YouTubeも見ています。

もちろんこれまでに出版された書籍も全部読んでいます(笑)
今回もAmazonで発売された瞬間買いました。笑

 

ちなみに、この本はマンガと文章で構成され、
かなり読みやすくなっているので、
半日で1周読み終えてしまいました。

 

■内容は?

 

主に投資(特に日本株個別銘柄への投資)についてですが、
それだけでなく、これからの人生を生きていく上での考え方についても
深いことが書かれています。

 

(用語解説も丁寧にされているので投資超初心者の私でも理解できました。)

 

私はもともとファンですが、そうでなくても、
非常に勉強になるので読んで絶対損はないと思います。
(”絶対”とか言ってますが、回し者でもなんでもありません。)

 

 

■どんな人に読んで欲しい?

 

・将来の自分の人生について考えるきっかけが欲しい
・将来に不安を抱いているが、行動できないでいる

 

という方にぜひ読んでほしい1冊です。

 

 

私は株式投資について記事を書けるような立場ではないので、

この記事では、

「これからの人生を生きていく上での考え方」という側面において

個人的に印象に残った、勉強になるなと思ったところと

私なりの意見をご紹介していきたいと思います。

 

お金とは、自分の残りの人生を取り戻す唯一の武器

 

・多くの人は20歳から70歳まで日々あくせくと働いて
 生活を維持するだけで精一杯。

 

・小さなお金と交換するために「大切な時間」を捨てている。

 

・お金があれば自分の大切な人と過ごす時間や本当に好きなことだけに
 専念する時間を安売りしなくて済む。

 

私も与沢さんの本以外にも、

お金や人生に関する自己啓発本を

ここ2年くらいで30冊以上は読みましたが、

これは与沢さんだけでなく他の方も口を揃えて同じことを言っています。

 

私も27歳にしてやっと

人生の大半を労働の時間に費やすことに対する疑問を抱き、

自分なりにネットで副業するという小さな行動を起こしました。

 

まさに、私の理想の未来も、働く時間は最小限にしてお金を稼ぎ、

大半の時間を大切な人と過ごしたり、

旅行にいっていろんな体験をしたりできる人生です。

 

理想の未来を思い描くとともに、危機感を持って生きることが成功への一歩

 

・未来のことは誰にもわからない。
 「自分はずっと健康でいられるのか」
 「自分という存在を会社はいつまで、どれくらい必要としてくれるのか」

 

・自分の理想を目と頭に何度も焼き付ける。
 自分の思い描くゴールや理想の世界観を明確にすることで、
 現在との差が明確になる。

 

 

私がネットで副業を始めたきっかけも、

ストレスで服など爆買いし、貯金がマイナスになってしまったことで、

「このままではお金もいっこうに貯まらないし一生ラットレースになってしまう。」

という強烈な危機を真剣に感じたからでした。

 

「こうはなりたくない」という負の要素の回避や、危機感などの負の感情は、

「こうなりたい」という理想の未来を追うより

強烈な原動力となることを痛感した経験でした。笑

 

また、理想のゴールや世界観を明確化するというところでは、

以前「ザ・シークレット」という本(ややスピリチュアルな本)を読み、

私も実践したことがあります。

欲しいものや理想の世界観の写真を

常に自分の目の届くところに置いておくというものです。

 

理想をビジョン化し、脳に焼き付けて、

「私は、絶対手に入れられる!」という自己暗示をかけるのです。

 

どんな時に力を発揮するかというと、

一人で作業していて孤独と不安で挫折しそうになった時です。

自分の理想を再確認することで、「頑張ろう」と再び立ち上がることができます。

 

ちなみに私は、コルクボードに欲しい車やマンション、

行ってみたい旅行先の写真を貼っています。

 

自分の理想の未来がまだよく分からないという方は、

騙されたと思ってぜひ一回やってみてください^^

 

お金の使い方を見直す

 

「10万円手に入ったら何に使いますか?」

 

・いつもどおりの生活に使う→死に金

 

・経験したことないことにお金を使う
 10万円分の本を買う→自分の興味あるジャンルの周辺領域まで広げる

 

 

 

与沢さんの言うように、

本に投資して、とりあえず読んでみる。

これは私も非常に効果的だと思っています。

 

先ほどもちらっと書きましたが、

私も迷走していた頃に人生やお金に関する自己啓発本を30冊以上読みました。

 

すると不思議なことに、それぞれの本の共通点が自然と見えてきます。

同じような内容が何度も刷り込まれ、

人生やこれからの自分の将来に対する考え方がガラリと変わりました。

 

決して大袈裟ではなく、

あの時あの30冊を読まなければ

今の私はなかったと思っています。

 

悩むことや悔やむことは時間の無駄

 

・「悩まない」こと。

 

・悩むということは、今後どうしようかと考えている状態。
 正解は常にわからないので、悩むという行為自体が無駄。

 

・今からどうするか、ここから何ができるかが私達の人生における全て。

 

この意見には、私も大賛成です。

 

なぜなら、私もあれこれ悩んで結局何も行動できなくて、

半年くらい無駄にしていた時期があったからです。

 

当時の私は、

いろいろ本を読んで、教材を買うだけ買って

「でも上手くいかなかったら」「他人にどう思われるか」

などを気にして全く行動できないでいました。

 

本や教材を読むだけで、「行動した」気分になっているだけの状態です。

 

今思えば、この時の「心配や悩み」は本当に無駄でしかありませんでした。

 

実際に行動しなければ次にどうすればいいかも見えてこないし、

何にも進んでいません。

現状維持の状態に変わりはないのです。

 

場合によっては悩みすぎて不安だけが大きくなり、

「やっぱり自分には無理そうだ」「やめておこう」と、

気持ち的には現状維持どころか後退してしてしまいます。

 

逆に、小さな行動でも1つ起こしてみると、

不思議と次に何をすればいいか自然と見えてきます。 

 

情報を集めたり、勉強したりという行為も

きっと「やってみようかな」という気持ちがあったからこそ生じたものです。

 

その気持ちがあるだけで、すでに周りの人と差がついていると思います。

その気持ちを無駄にしないでほしいです。

 

この記事を読んでくださっているあなたには、

私のように、悩むだけの無駄な時間は過ごさず

まず小さなことからでも行動してみて欲しいです。

 

それこそ、とりあえずこの本を買って読んでみるのも1つだと思います^^

 

ブログやSNSの攻略が資産増の速さを決める

株式投資の精度を上げるためにブログを始める事がおすすめされています。

 

この本では、株式投資へのメリットとして書かれていますが、

株式投資に限らず、全てのことに役立つなと感じました。

 

・誰かに読まれる前提で文章を公開しているのと、
 自分だけのメモに止めておくのとでは、
 記事のクオリティが全く変わってくる。

 

・読み手の評価が生まれる以上、書き手は読み手の目を意識する。
 誰かに読まれる緊張感、プレッシャーという負荷が、
 論理的思考力の成長にとって必須。
 (主張と根拠をワンセットに。読者のなぜ?に答える。)

 

・自分の考えたことは頭にしまっておくだけではなく、
 頭の外に書き出すことで初めて整理され定着する。

 

・失敗も記事にすべき。
 何が間違っていたのか、どうして予想が外れたのか(投資)
 失敗しても見てくれる人が増えるなら、まさに損して得取れ。

 

・文章の深読みや読み手への配慮(センスのある人)
 書くべき素材を整理整頓してから、
 読み手にストレスを与えないような記事にすることを心がける。

 

・何度も書き直すことは当たり前。
 文字の向こう側にいる相手のことを思いやったり、
 空気を読んだりすることが大切。

 

 

アウトプット大事ですねー。
(私も今まさにこの記事を書くことでさせてもらっています。)

 

ちなみに私は、読書する際、いつもパソコンを開き、

その本(資料)の中で大事だなと思った箇所はメモするようにしています。

 

ブログを書くという目的もありますが、

1回読んだだけでその本の大事だなと思った点を暗記するのは無理ですし、

1週間もすれば大半の内容は忘れてしまいます。
(私の物覚えが悪いだけかもしれませんが。)

 

また、効率的に時間を使うという点からも、

「大事なこと書いてた部分どこだっけ」と

再度探す二度手間を省くことができるのでおすすめです。

 

メモをとりながら読み、

「人に見られているかもしれない」という意識を持ちながらアウトプットするのと、

何となく読んで終わるのでは知識の吸収速度も全然違います。(身をもって感じています)

 

さらに、読み手を意識して学んだことについての記事を書くことは、

自分の知識の整理はもちろん、ライティング力の向上にもつながるので、一石二鳥です^^

 

 

今回もまた長くなってしまいました。

 

あれこれ書きましたが、

「将来の自分の人生について考えるきっかけが欲しい」

「今のままでいいと思っているわけじゃないけど、行動できないでいる」

という方、行動のきっかけに一度この本を読んでみるのもいいと思います。

 

読んだ本についての記事を書くのは初めてなので、

読みにくい点もあったかと思いますが、

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

-書評・本の紹介

Copyright© 元手取り17万円ダメダメOLが起業して1年で会社をおさらばした話 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.