LIFE

ドリームキラーは無視。いつまでも若々しく生きるコツとは。

更新日:

スポンサーリンク

 

どうも、さやかです。

 

最近、いろいろな方にお会いする中で、
気づいたことがあります。

 

それは、
好きなことを仕事にしている人の方が
圧倒的に「若々しいし健康だ」ということ。

 

先日も、今年63歳になられる
経営者の方と久々にお会いする機会がありましたが
私的には50代半ばくらいにしか見えなかったです。

 

これは持論ですが、
やはり好きなことを仕事にしている人は
生き生きしているし、若々しい人が多いと思います。

 

そりゃ、何もストレスがない人はいないと思いますが、
例えば仕事の忙しさが同じでも、
好きなことをしているか、
イヤイヤしているかではモチベーションや
かかるストレスにも圧倒的な差があると思います。

 

「そりゃそうかもしれないけど、
 好きなことを仕事にするなんて、難しいでしょ」

 

好きなことを仕事にするのにも
また違った努力がいる

 

確かに、そうかもしれません。

 

好きなことを仕事にするにも、
会社勤めの大変さとは
また違った努力が必要なのは確かです。

 

しかし、ここで少し朗報です。

 

どんなビジネスでも、
各分野で成功されている
いろんな方の話を聞いていると、

 

最初は1年、2年はしんどかったそうですが、
そのスタートさえ乗り切れれば
後は楽だと皆さん口を揃えて言います。

 

もちろん情報発信ビジネスも
例外ではないです。

 

確かに、半年〜1年は
私も孤独と闘いながら
ひたすら作業していました。

 

なんでもゼロイチがしんどいって言いますが、
その通りで、逆にそれさえ乗り越えてしまえば
後は楽です。

 

作業している時は確かに
孤独との闘いです。

 

私の場合、
周りに起業している人なんていませんでした。
ひたすらパソコンと向き合い作業するのは
確かにしんどいです。

 

自分で言うのもなんですが、
私自身結構寂しがりやです。
1人でいるのはあまり得意ではありません。

 

でも、しんどい期間は永遠には続かないです。
その孤独と不安から途中でやめてしまう人が9割です。

 

しかし、長い人生の短期間、
そこさえ乗り切ることができれば
それだけで9割の人を出し抜くことができます。

 

その先には、
輝かしい未来が待っています。

 

なので、寂しくて諦めそうになっても、
自分を信じてなんとか頑張って欲しいです。

 

(また、別の記事で孤独との闘い方についても
書きたいと思います。)

 

必ず現れるのがドリームキラー

 

起業とか、新しいことをしようとする際に
必ず登場するのが「ドリームキラー」です。

 

ドリームキラーって
聞かれたことありますか?

 

文字通り「夢を殺そうとする人」です。

 

しかもそれは身近であればあるほど
強力です。

 

親かもしれないし、
友人かもしれないし、
会社の人かもしれません。

 

「起業なんてやめとけ」
「失敗したらどうするの?」
「なんとなく危険そうだし、慎重にね」

 

身近な人にこんなことを言われてしまうと
やる気が削がれたり、
急に不安になったりするもんです。

 

「やっぱり自分には無理なのか」
「このまま平凡に暮らしていく方がいいのか」

 

そう思ってしまいますよね。

 

しかし、起業に対して素人の意見は
全て無視でオッケーです。

 

なぜなら、人間は、自分の未知のことに関しては
本能的に恐怖を抱くものです。

 

それは、本能なので
ある意味仕方ないことです。

 

冒頭でお話しした方も、
経営者として成功されていますが、
実は今までに5回転職されたそうです。

 

今でこそ転職も当たり前になってきていますが、
当時は転職文化も
そんなに浸透していなかったと思います。

 

今でも5回する人は珍しいですね。

 

なぜ5回も転職したのか聞くと、
いろいろなことに興味があり、
知識をつけたかったから。
だそうです。

 

いろいろな会社で経験を積まれ、
40歳になる頃に起業されたとのことですが、
やはりご家族や周りの方に相当反対されたんだとか。

 

また、私自身も「ネットビジネス」
という言葉を聞いただけで、
親から嫌な顔をされたり、
大学生の頃に転売ビジネスを少ししていた時、
詐欺だなんだと言って全力で止められた経験があります。

 

日本の9割以上が会社員です。

 

どうしても、
それ以外の道は受け入れられなかったり、
みんな自分が進んでいる(進んできた)道が
間違っていたとは認めたくないので、
起業という道は否定されがちです。

 

しかし、何度もいいますが、
それを乗り切れば
会社員が一生かけても稼げないの額を
あっという間に稼げますし、
輝かしい未来が待っています。

 

心が折れそうなときは?

 

とはいえ、1人で孤独な上に、
周りの人からも「やめておけ、危険だ」
と言われたり、人と比べてしまったりすると、
どうしても不安になります。

 

それは当たり前のことです。
それでも諦めずにこの記事を読んで
くださっているだけでも
心の強い人だと私は思います。

 

「本当にこれでいいのだろうか?」
「自分はやっていけるだろうか?」

 

こんな風に不安になったら
その道で成功している人の
話をきくことです。

 

やはり、結果を出している人の言葉は
信憑性があるので、
それだけですごいモチベーションになります。

 

直接話ができればいいですが、
できない場合でもブログやメルマガ
なんでもいいので
勇気が出そうなものに触れてみてください。

 

あるいは普段は家で作業をしている方も
カフェに足を運んでみるとか。

 

私も実際たまにカフェに行って作業していましたが、
意外といい気分転換になります。

 

直接人と話さなくても、
周りに人の存在があるだけで結構変わります。

 

悩んだ時や、思い詰めた時は
一度、騙されたと思ってやってみてください。

 

私も何度も心折れそうになりましたが、
「しんどいのは最初だけ」という言葉を信じて
ここまで頑張れました。

 

結局、好きなことをして生きたほうが人生得

 

少し話が逸れましたが、
言いたかったことは、
結局好きなことをして生きた方が
長い目で見ると得だということです。

 

結局、
何をしても後悔のない人生なんてないです。

 

有名なアメリカの研究にもありますが、
死ぬ間際の人に、
後悔したことは何か聞いたところ、
「もっと色々なことに挑戦しておけばよかった」
という意見が一番多かったそうです。

 

人は、やったことを後悔するよりも
やらなかったことに対しての後悔の方が大きい
ということです。

 

これは私の勝手なスタンスですが、
「死なない限り大丈夫」と
いつも思っています。

 

何かに対してひたすら深く悩んでも
何も変わりません。

 

やるか、やらないか。
行動でしか物事は動かないし、
変わらないです。

 

それに、起業に関しては、
最初は反対されるかもしれませんが、
結果を出せば批判されなくなります。

 

結果を出せば
「やっぱりすごいね」
「やればできるね」
と、人は簡単に掌を返します。

 

時として人の発言は
相手に大きな影響を与えますが、
それはなんの根拠もなかったり、
軽い気持ちで言っていることも多々あります。

 

ですので、
ネガティブな言葉をかけられても
あまり気にしないことが重要です。

 

どうしても大人になると判断材料が増え
「こんなことしていいのかな」「大丈夫かな」
どう思いがちですが、

 

「自分は自分」と批判を気にせずに
やりたいことをやって
やらなかった後悔を1つでも
減らせるような人生を歩む方がお得です。

 

今回の内容をまとめると、

 

・ドリームキラーの言うことは基本的に
 全部無視でオッケー。
 (心配してくれている人への感謝はしましょう)

・自信が無くなったり、不安になったら
 成功している人の話を聞くなり、外に出て
 一人で抱え込まないようにしよう

・人間はやった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい
 人生1度きり。批判を恐れずやりたいことに挑戦しよう

・結果、好きなことを仕事にしている人は「若々しい」

でした。

 

今回は少し熱く語ってしまいましたが、
自分も結構悩んだので、
同じく悩まれる人がいるのではないかと思い、
記事にしました。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

PS、

 

冒頭でお話しした若さの秘訣ですが、
やはりお金や時間に余裕があると
自然と健康にも意識がいきます。

 

そのため、お会いした方も63歳ですが、
・ランニング(毎月100km走っているそう)
・ジム(週に3回)
・ゴルフのスクール
・ホノルルマラソンや富士山登頂も最近されたとか。

 

こんな感じで
私よりもパワフルでした。

 

逆に、同窓会などすると、
商社や銀行などで役員になった人でも
激務だった人ほど病気をしていたり、
亡くなっていたりだとか。

 

やはり、
適度な運動、食事、睡眠。
規則正しい生活とストレスを抱えないことほど
健康にいいものはないですね。

 

あともう1つ、
その方が言っていたことがあります。

 

「チャンスっていうものは
どこにでも落ちてるものだよ。
でも、それを見つけられる人と見つけられない人がいる。
さらに、見つけても掴もうと手を伸ばす人と、
手を伸ばせない人がいる。」

 

チャンスを見つけて
躊躇してしまう時もありますが、
そのチャンスは二度とないかもしれません。

 

少しの勇気と行動で
人生って大きく変わります。

 

 

有料書籍(1200円で発売中)を無料プレゼント中

 

私は知識・スキル・実績全てゼロの状態から
ビジネスをはじめ、
現在は月200万円以上稼いでいます。

 

以前のようにいやいや会社に行く必要もなく
お金や時間にも縛られず
毎日がストレスフリーです。

 

今でこそそんな生活をしていますが、
1年前はごく普通のOLでした。

 

しかも、仕事もできない、
やる気もないダメダメな人間でした。
おまけにカードは止まり、家賃も払えないような
極貧時代もありました。

 

そして、特別ビジネスの才能があったわけでは
決してありません。

 

じゃあ何か特別なことをしたかというと
そうでもないです。

 

シンプルに
「努力の方向性を変えた」
これだけです。

 

知識・スキル・実績、お金
何も持っていませんでしたが、
勇気を出してビジネスを始めたことにより
短期間で人生が180度ガラリと変わりました。

 

私の友人も借金500万円を抱えながらも
スタートして1年で月収100万円を突破しています。

 

どんなに悲惨な状況であっても
「人生を変えたい」
という気持ちとやる気があれば誰でも
人生を変えることはできます。

 

以前の私もそうでしたが、
お金や生活のために仕方なく仕事をしている人が大半です。

 

私はOL時代に、仕事に対して
やりがいや楽しさを感じたことは
一度もありませんでした。

 

みんな働いているから
自分も働くのが当たり前。

 

そう思いがちですが、
果たして一生イヤイヤ
働き続ける人生が絶対正しいのでしょうか?

 

楽しいことをして
毎日何をするか自分で決めて生きる
そんな生き方は本当にできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

しかし、実際、
世の中の9割以上が一生の大半を労働に費やしています。

 

それはなぜかというと、
何をしたらいいのか
何から始めたらいいのか
わからないだけだと思います。

 

そこで、私がどうして
雇われ人生から解放され
自由に生きれるようになったのかを
まとめた電子書籍を出版しました。

 

すでに読んでくれた人からは
「こんな選択肢もあることを知れてよかったです」
「私もこれを機に人生変えたいです」
と感想をいただいています。

 

もっと多くの人に読んでいただきたく
現在、期間限定で無料公開しています。

 

普段は1200円で有料販売しています。
メルマガ限定で今だけ無料で読めます。

 

スラスラ10分もあれば
読める内容ですので、興味があれば
ぜひ1度読んでみてくださいね。

 

→「文章1つで自由な人生を創造する方法」

 

-LIFE

Copyright© 元手取り17万円ダメダメOLが起業して1年で会社をおさらばした話 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.