ライティング

【厳しめ注意】セールスレター3つのNOTとは?

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは!

 

今回は、少し厳しめの内容かもしれません。

ですが、今回の内容はネットビジネスをしていく上で

非常に重要なことだと思うのでシェアさせていただきますね。

 

ネット上で情報発信、またはモノやサービスを販売する際、

必須となるのがセールスレター。

 

セールスレターを作成する上で肝に命じておかないといけない前提があります。

それは、読み手(お客さん)は基本的に「見ざる、聞かざる、やらざる」

であるということ。

 

ん??

どこかで聞いたようなフレーズ。。笑

(お猿さんを想像された方が多いのではないでしょうか^^)

実はお猿さんの方ではなく、ネットビジネスにおいて非常に重要な前提です。

 

もう少しいうと、

お客さんはセールスレターを100%読まない」ということ。

 

どういうことか、順にご紹介していきたいと思います。

 

3つのNOTとは

 

 

1.NOT READ(見ざる)
 自分から発信するメッセージは基本的に読まれません。

 

2.NOT BELIEVE(聞かざる)
 読み手は、あなたを信用していないので、いうことは聞いてくれません。
 期待しつつ、騙されないかと不安な部分を必ず持っています。

 

3.NOT ACTION(やらざる)
 読み手は忙しいので、「後でやってみよう」と思った内容は忘れてしまいます。

 

 
このように、読み手(お客さん)は、

見ざる、聞かざる、やらざる」だと考える事がまず最初の一歩です。

 

どんなに時間をかけて書いた文章であっても、残念ながら読まれることはないのです。

(それぐらいの気持ちで臨みましょう)

 

このような厳しい現実を一旦受け入れた上で

どうすればいいのか?

 

 

それは、   

売れるストーリー展開「売れる構成」を身に着ける

ことです。

 

 

ここで朗報。

売れるストーリー展開というのは、もうある程度型が決まっています。

逆にいうと、それさえ身につけてしまえば

どんなものでも売ることができるようになるということです。

 

それでは、3つのNOTを克服するためのコツをシェアしたいと思います。

 

 

NOT READ(見ざる)

先ほどもあったように、自分が発信したメッセージは基本的に

読み手(お客さん)に読まれません。

なぜか。

 

少し言い方が悪いですが、「みんな自分にしか興味がない」からです。

 

 

そこでどうすればいいかというと、

読み手が、「自分に関連がある内容だ」と思うような冒頭文を作る

ことです。

文章では基本的に主語を「あなた」にし、読み手にフォーカスした内容を意識します。

 

 

〜文章を読ませるための突破口〜

 

①読み手の悩みを再認識させる

先ほどもお話ししたように、冒頭で読み手に「当事者意識」を持たせることが

文章を読み進めてもらう上で、非常に重要となってきます。

 

こんな悩みありませんか?」呼びかけ
 →「そうそう、私もそれでなやんでいるところだ
  「このページを読めば、悩みが解決するかもしれない

 

読み手に問いかけることで、読み手の悩みを再認識させます。

 

 

悩みを再認識させたあとは、  

悩みが解決した後に実現できる未来を見せます。

 

②悩みを解決する約束

これ、重要なポイントとなりますが、

お客さんが本当に欲しいものは何か。

 

それは、あなたの販売する商品やサービスではなく、

商品を得た先に広がる「未来」です。

 

例えば、

ダイエットしたいと思っているお客さんに、
 
実際に痩せたメソッド(教材)を販売するとします。

 

その際、お客さんが欲しいのは

「実際に痩せたメソッド」ではなく

「そのメソッドを使ってダイエットに成功し、痩せて綺麗になった自分の姿」 

であること。

 

それをふまえ、

先を読んでもらえるかの鍵になる文章の冒頭では、

商品の先に広がる「未来」を「読み手目線」で入れていく必要があります。
 
 

<悩みを解決する約束>
  冒頭文:読み手の悩みを再認識させる→悩みを解決する約束(2つの未来)

 

①理想の未来
 商品を使った結果得られる理想の未来
 
②悲惨な未来
 商品を使わなかった場合の悲惨な未来
  

 

例)「1週間で5キロ痩せた方法」の教材

 

①理想の未来(教材を使った場合)
・1週間がんばるだけで人からも「痩せたね!きれいになったね!」
 と言われることができる
・継続すれば、理想の美ボディーを手に入れることができる

 

②悲惨な未来(教材を使わなかった場合)
・このままずっと「太った人」というイメージでい続けなければならない
・ずっとコンプレックスを持ったままの人生になってしまう

 

 

ここでのポイントは、

商品を買った場合の「理想の未来」だけでは不十分だということです。

同時に商品を買わなかった場合の「悲惨な未来」を入れます。

 

人間にとって、「損」することは、「得」することよりも強烈な原動力となります。

「悲惨な未来」=「損した未来(商品を買わなかった未来)」を見せることによって

それを回避しようという心理が働くのです。

 

NOT BELIEVE(聞かざる)

 

〜欲しい気持ちにさせる購買洗脳技術〜

 

はじめに当たり前ですが、

ビジネスで最も大事なことは「信用、信頼」ですよね。

 

信用のない相手にわざわざお金を払う人はいません。

 

逆に、信頼のある人からなら「あなたがいうなら間違いない」と

商品やサービスを買いやすいと思います。

 

では、

信頼はどう作るのか。

「成功体験をさせること」です。

「信頼ができる時」=「成功を体験させられた時」です。

 

 

「一度成功体験をさせ、信頼させることによって、徐々にお金を巻き上げて最後は逃げる。」

というのは詐欺の常套手段でもあります。

 

 

成功体験をさせるというのは

それほど信頼関係構築に有効だということです。

 

成功体験と言っても、

大きな成功体験を与える必要はなく、

ほんの小さな成功体験でOKです。

 

小さな成功体験を与える

 

いきなり商品を売るのではなく、

「情報提供」という形でノウハウを教えます。

 

ノウハウを実践して成功体験をしたお客さんは、

その情報発信者を「その分野の専門家」だと思います。

 

そこからさらに情報提供し、お客さんがまた成功したら、

この人からアドバイスを聞けば、間違いなく成功できる!

という確信が生まれていきます。
   

 

あなたがいうなら間違いない」という思考回路を植え付け、

商品説明をせずとも商品が売れていくようになるのです。

 

成功体験をさせるには、

読み手に「行動」してもらわなければなりません。

 

 

しかし残念ながら、

人は無意識のうちに楽しようとする生き物です。(私もそうです。)

何らかの理由をつけて行動しません。

 

NOT ACTION(やらざる)

 

冒頭でもお話ししたように、

読み手は「後でやってみよう」と思った内容は忘れてしまいます。

では、どうやって「行動」してもらうのか。

 

「今すぐ」やらなければ「損をする」

と思ってもらうのです。

 

読み手が解消したい3つの疑問

この3つの疑問が解消されれば、、読み手は「行動」してくれます。

 ・なぜ買わなければならないのか
 ・なぜ「あなたから」買わなければならないのか
 ・なぜ「今」買わなければならないのか

 

「得」をするより「損」をしない(プロスペクト理論)

商品を手にしないことで「損」をするくらいのインパクトがなければ

読み手にとって買う理由にはなりません。

「損」という痛みにフォーカスすることで「行動」につなげていきます。
 ※2つの未来「理想の未来」「悲惨な未来」の「悲惨な未来」を強調すると○

 

 

文章力向上にはアウトプットが一番!

 

文章力でも何でも

知識のインプットだけではなかなか向上しません。

 

学んだ知識をアウトプットする過程で複数の情報源の内容が繋がったり、

一度読んでイマイチ理解できなかったことが

「そういう意味だったのか」と

理解できることも多々あります。

 

ネットビジネスにおいて必須の

ライティングスキルも本を読んだだけでは向上しません。

 

下手くそでもいいので

何度も考えながら「書く」ことで着々と身につきます。

そして、そのスキルだけでお金を稼げるようになります。

 

なかなか地味で孤独な作業ですが、

その辛さを乗り越えることで

他との差別化を図ることができます。

 

これからも一緒に頑張っていきましょう!!

 

少し頭の痛い内容だったと思いますが
最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

今回の内容は前提の部分が大半でしたが、

今後はもっと深い内容もシェアできればと思いますので

少しでも参考になれば幸いです。

-ライティング

Copyright© 元手取り17万円ダメダメOLが起業して1年で会社をおさらばした話 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.